卒論代行,レポート代行

通信教育一括代行 詳細Online classes detail

ここでは通信教育一括代行に関する具体的な説明をいたします!通信教育一括代行というのは通信制の大学や大学院における単位レポートを一式で承ります。通常であれば、レポート作成において400字1480円で承っておりますが、一括で承ることで、大幅にコストが削減できます。

レポートの数量・文字数

レポート代行

レポートは1単位につき1課題といたしております。2単位の場合は2課題,4単位の場合は4課題です。スクーリングを受講してもレポート課題数は同じ場合。30単位の場合には、合計レポート数が30個になります。
また、1単位2につき、2課題ある場合は、15単位分で30個になるため、上記の場合と同じ個数となります。

1課題あたり2,000字以下といたしております。2000字を超える場合は、2課題分としてカウントいたします。また、図や表の挿入は1つにつき400字カウントとなります。
なお、30個以上のレポート数やその他の分量に関しても対応致しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

通信制大学 実績校

ここでは通信制大学(通信課程も含む)の実績の一部を掲載いたします。
ビジネス・ブレークスルー大学
佛教大学
法政大学
放送大学
北海道情報大学
武蔵野大学
武蔵野美術大学
明星大学
八洲学園大学
早稲田大学
京都造形芸術大学
京都橘大学
近畿大学
近大姫路大学
慶應義塾大学
神戸親和女子大学
サイバー大学
産業能率大学
星槎大学
聖徳大学
愛知産業大学
大阪学院大学
大阪芸術大学
大手前大学
環太平洋大学
吉備国際大学
九州保健福祉大学
創価大学
玉川大学
中央大学
中部学院大学
帝京大学
帝京平成大学
東京福祉大学(池袋キャンパス 伊勢崎キャンパス 名古屋キャンパス)
東京未来大学
東北福祉大学
東洋大学
奈良大学
日本ウェルネススポーツ大学
日本福祉大学
日本女子大学
日本大学
人間総合科学大学
など

難易度・レベル・ポイントについて

レポートの書き方・論文の書き方のおすすめ書籍

アイブックス学術代行では、なるべくお客様に合った模範解答をお届けすることを念頭に置いております。
そのため、偏差値基準を設けて、ご依頼時にお伺いしております。
偏差値基準の大まかな区分は以下になりますので、ご依頼時に参考にしてください。
また、偏差値基準がよくわからないという方でも、お客様のご要望を詳しくお伺い致しますのでご安心くださいませ。




【偏差値基準】
・偏差値70以上:有名国立大学卒業レベル
・偏差値65程度:有名私立大学卒業レベル
・偏差値60程度:地方国立大学卒業レベル
・偏差値55程度:私立大学卒業レベル
・偏差値50程度:学内卒論レベル
※あくまで基準目安なので、具体的なレベル内容をお知らせいただけますとそのレベルにあったものを作成いたします。

参照元:https://www.minkou.jp/university/ranking/deviation/

ご料金の目安

レポートの書き方・論文の書き方

料金の目安に関しては、以下のようになります。
通常のお申し込みの場合には、1課題あたり2000字レポートは7,400円かかります。つまり30課題すべて単体で申し込まれる場合には、合計金額は222,000円なります。通信教育レポート一括申し込みの場合には、148,000円にてお引き受けいたします。
業界最安値です!
※書籍の購入費用(弊社で用意する場合)などの追加に関しては、別途費用が掛かる場合がございます。
※その他料金表はこちらです。>>料金表



具体的な通信教育一括代行事例へ→

お問い合わせ

日本全国・海外を含め70000件以上のご依頼をサポートしてきました。経験豊富な相談員があなたのご要望にお応えする為、親身になって作成しております。負担の軽い納得料金で、迅速・的確な製作を行い、成果は確実にお約束いたします。全国にいるアイブックスメンバーが責任を持ってお客様をサポート致します! ※お申込み時に担当責任者の経歴を送付しております!!

0476-85-7930
※現在ご注文が込み合っている場合、お電話が繋がりにくくなります。お手数をおかけしますが順次ご返信いたしますのでお急ぎの方はメールにてお問い合わせくださいませ。
ページトップへ戻る